« 仙台未来防災フォーラム2017(前編) | トップページ | 今年も暑い夏 »

2017年4月15日 (土)

3/12 仙台防災未来フォーラム2017(後半)

後半は仙台の町内会の防災に関連する取り組みについての報告等がありました。町内会とはいえ1000人近く住んでいる地域での防災訓練や地域の繋がり方などとても参考になることばかりでした。

中でも、町内のすべての人の名簿の作成されていること。性別年齢家族構成などの個人情報だらけの物ではありますが、町内会の人は誰ひとり作ることに否定的な人はいなかったようです。詳細な名簿があることで、災害時に要救助者を発見しやすく、どのような救助が必要かなどの対応も迅速に正確に行うことが出来ます。

地域の繋がりということでは、町内会での催しの多さや、ほぼ全員参加の防災訓練や運動会など町内会一丸となって何かを行う大切さを感じました。昨今は隣近所との繋がりまで希薄な中、ここまで地域のつながりを持てるのは大変大きなことだと思います。

大きな町ではなかなか実現しにくいことかもしれませんが、どの町にも可能性としては行える規模だと考えられます。

他にも自助・共助・公助の3つ以外に他助を掲げる町内会もありました。災害時は町内の被災を最小限にし、他の地域や自治体を助けに行くというもの。なかなか他のところを助けに行くことまで視野に入れて町内会の防災を計画しているところはないと思います。町内会で被災地救助にも行っている等、実績もあるのがまたすごいところ。見習いたいと思いますね。

 

仙台防災未来フォーラムに参加する事によって、被災地だからできたこと、考えだせたこと、実施できたこと、これからの考え方等多くのことを持ち帰ることが出来たと思います。

201711月には仙台で世界防災会議(世界防災フォーラム())が行われる予定で、もしいけるのであればまた参加し、多くの情報を得たいものです。

                               防災士 阪口

|

« 仙台未来防災フォーラム2017(前編) | トップページ | 今年も暑い夏 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/593292/65153248

この記事へのトラックバック一覧です: 3/12 仙台防災未来フォーラム2017(後半):

« 仙台未来防災フォーラム2017(前編) | トップページ | 今年も暑い夏 »