« まだまだ続く自然災害 | トップページ | 防災月間 »

2015年9月14日 (月)

豪雨による水害

ここしばらく自然災害の事を書かせてもらっていましたが、今回も茨城で起こった鬼怒川決壊などの自然災害について書かせてもらおうと思います。

 今回の水害は市が配布しているハザードマップの通りの水害になってしまいました。住民のほとんどは「ハザードマップは持っているけどじっくり見た事がない」または「今までこんな事無かったから気にしていなかった」と話しているようです。

  だいたいの市町村にハザードマップはあると思われますが、なかなか周知徹底されていないのも事実です。さらには防災に関する専門家がいないのも現状です。ハザードマップはあるがしっかり説明できていないのがほとんどではないでしょうか。

 今後、まだまだ自然災害が起こる可能性はあります。被害の最小化を図るためにも一人ひとりが住んでいる場所等のハザードマップを少なくとも一読しておく必要があると思います。危険性がある事を知っているのと知らないのではかなり被害の大きさに違いが出てくるので、読んだことのない、見た事のない人は見つけて読んでみて下さい。


  自然災害は人の予想をはるかに上回る事も多い災害です。毎回書いていますが、危ないと思ったらすぐ避難するようにして下さい。

                                         防災士 阪口

|

« まだまだ続く自然災害 | トップページ | 防災月間 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪雨による水害:

« まだまだ続く自然災害 | トップページ | 防災月間 »