« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月15日 (日)

東日本大震災から4年 ~5年目へ向けて~

先日、311日東日本大震災からまる4年が経ちました。復興に関して進んでいる地域もあるのですが、まだ進んでない地域も多いようです。市政は頑張って動いているのですがどうしても人員不足などで復興住宅の建設や手続きが間に合わない状態の様です。また仮設住宅生活から新しい復興住宅に移り住むのに4年間ご近所付き合いしていた仮設住宅仲間と離れるのがさみしいという話もあるようです。その逆もあり、隣に誰が住んでいるのかわからない状態で復興住宅に住む不安があるという話も聞きました。

 

原発の事故も4年も経過しているにもかかわらずほぼ何も進んでいないように感じます。事故や不手際があっても隠蔽されていることも多く、住民の不安が募るばかりです。

 

防災の取り組みは色あせることなく様々な取り組みが行われていることはニュースなどでよく目にされていると思います。防災の取り組みも最新の技術を取りこんだものも多く、それをもとに統計等を取りよりよい避難経路を考えたりする事業もあるようです。私自身もそれを参考に防災訓練などに生かしていっています。

 

震災から5年目を迎えますが、変わらず防災の取り組みを進めて行きたいと考えています。復興もよりいっそうすすんでほしいものです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

防災・避難訓練監督参加

2月末更新の予定が設定ミスで反映されていませんでした。申し訳ないです。

 

先月(1)に普通救命講習を行った事業所さんから3月に行う防災訓練の相談を受けました。防災・避難訓練でやる内容などを話し合い、その結果私自身も参加する事になりました。横からちょくちょく口出すような感じになると思います。

内容としましては、避難所までの経路確認、移動前後にやっておく事、避難所までの経路の注意点または避難所変更を考えるなどやるつもりです。

 

だいたいの方が避難所の位置などは把握していますが、その経路の危険性についてはあまり考えたりしていないようです。今回の訓練でも避難するまでに川があり橋を渡る必要があります。その橋が地震や津波で崩れたり、川の増水で使えなくなっていた場合どうするか。その他にも崩れやすい塀や壁、建物が倒れた時に道がふさがれる可能性が使う経路にないか等を考えて行くよう内容になると思います。

その結果、他の避難所に行くことになったとして、場所を知っているか。その経路は安全かなど先の先まで予測しておく必要があることも考えてもらう予定です。

 

1時間ほどしか参加できないのでどこまで注意を促す事ができるかまだ分かりませんが、できる限りの手伝いはしたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »