« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

「サポネの家・防災・避難訓練」

年に2回行っている防災避難訓練・講習の時期がやってきました。毎回のことながらこの時期になると準備に悪戦苦闘しています。

 

今回は軽い訓練とクイズ形式の様な講習メインでやっていこうかと考えています。クイズ形式と言っても難しいものではなく(少し難しいのもあり?)、簡単なわかりやすいものをメインに出していこうと考えています。クイズから講習に繋げて説明していくので受ける側としても退屈にならないように工夫していこうと思います。

 

今の段階での予定では、避難先、避難後のことについて考えていきたいなと思っています。避難までの話は結構皆さん考えていたりするのですが、避難後の生活や環境についてはあまり深く考えたりはしていないのではないでしょうか。

まだ構想段階なので予定は変わるかもしれませんが、できる限り楽しく眠たくならないようにしていきたいと思います。次回の更新までには日程と講習内容を別途記載したいと思いますのでよろしくお願いします。

 

                          防災士 阪口

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月13日 (木)

雪の日の防災(大阪)

先週に続き今週も大雪になると気象庁から発表されました。普通なら15日に更新するこのブログも雪害に備えて少しでも早くお届けしようと前倒しさせてもらいました。

さて、私どものいる大阪近辺は先週思ったほど雪が降らずに拍子抜けしてしまいましたが、関東にはかなりの大雪で被害も多かったと聞きます。今週も関西はあんまり降らないとは限らないので雪害に関する知識と対策を少し書いていこうと思います。

 

雪害に多いのは外に出て雪の上で転倒したり、路面の凍結や雪で車が滑って事故になったりです。あとは豪雪地帯などでは除雪作業中の事故死が全体の80%以上だそうです。

豪雪地帯ではない関西での注意点としては、上記にあるように転倒などの事故が多いので、できるだけ出歩かないのも事故防止にはなります。それでも、どうしても出かけないといけない人は、ゆっくり小股で歩くようにしましょう。凍結している時はかなり」滑りやすいので少しずつゆっくりすることが重要になってきます。路面凍結しているところに自転車で走行するのは非常に危険なのでやめましょう。ブレーキが効かないだけではなく、足をついたときに滑って横に転倒する可能性もあります。

自動車に関してですが、普段雪の降ることのあまりない大阪などで大雪になると非常に危険です。スタッドレスタイヤやチェーンを装備している車があまりないのではないのでしょうか。路面が凍結していると坂なども登れなかったりするようです。大雪の日はできるだけ外出しないのが事故を防ぐ一番の対策かもしれません。

 

さすがに、除雪作業が必要なほど降ることはないと思いたいですが、もしそうなったときの注意点として、必ず2人以上で行うこと、一人で作業を行っている時に転落や雪に埋もれてしまうと発見されるまでに時間がかかってしまったりします。また携帯電話を持参しておくことで事故後の動きもスムーズにできるので必ず身につけておきましょう。屋根が低くても油断しないようにしましょう。転落死亡事故の60%が1階屋根からの転落と言われています。低いからと言って油断しないようにしましょう。

あと、かなり寒いので無理をしないことも大事になります。除雪作業中の発作による死亡も少なくはありません。隣近所と協力して除雪作業を行うようにしてください。

 

大阪が何日も雪で埋まるとはあまり思えないので、もし大雪で外に出られなくなっても、少しの間がまんしましょう。無理に外に出て怪我や事故に遭うよりはいいかと思います。路面が凍結なんてすると救急車もいつも以上に到着が遅れると思うので気をつけましょう。

 

あとはインフルエンザなど流行ってきているので風邪をひかないようにも注意しましょう。                    

                               防災士 阪口

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »