« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月30日 (火)

「特別警報」

 前回はゲリラ豪雨(集中豪雨)について書かせてもらいましたが、この記事を書いている前日には集中豪雨による河川の氾濫や土砂災害により大きな被害が出ています。亡くなられた方や行方不明な方もいるようです。土砂崩れによる家屋の倒壊や道路の寸断による孤立した地域もあるようです。

 1日で1カ月分を上回る雨が降ったようです。1時間の降水量138.5ミリは日本海側の全観測点で統計史上2番目に多い雨量だったようです。ちなみに観測史上1位は1982年の長崎県長浦岳で153ミリというのがあるようです。

 

 来月830日から「警報」のもう一つ上の「特別警報」というのができるのですが、今回の雨はそれに相当する雨だったようです。

 

 さて、「特別警報」とは?と思われた方がいるのではないでしょうか。今までの警報と何が違うのか知っている人はまだ少ないのではないでしょうか。来月からは始まることも知らなかったという人もいると思います。少し「特別警報」について書いてみたいと思います。

 

気象庁のホームページより抜粋~

気象庁はこれまで、大雨、地震、津波、高潮などにより重大な災害の起こるおそれがある時に、警報を発表して警戒を呼びかけていました。これに加え、今後は、この警報の発表基準をはるかに超える豪雨や大津波等が予想され、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合、新たに「特別警報」を発表し、最大限の警戒を呼び掛けます。

 

特別警報が出た場合、お住まいの地域は数十年に一度しかないような非常に危険な状況にあります。周囲の状況や市町村から発表される避難指示・避難勧告などの情報に留意し、ただちに命を守るための行動をとってください。

 

今までの「注意報 」や「警報」はそのまま使われます。今回はその上に危険度の高い表示を作ったという感じです。「特別警報」が発令した場合は「身を守るために最善を尽くして下さい。」と書かれています。

気象、津波、火山噴火、地震の場合についてもホームページに載せられています。

http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/tokubetsu-keiho/

 

「特別警報が出ていないから安心」というわけでもなく、「警報」が出ている段階でかなりの注意が必要なので油断しないようにしましょう。

 この「特別警報」のリーフレットがあるのですが…毎回こういったリーフレットに思うことですが、地味過ぎて新しく設置されても気づかなかったり、手に取ってみようという感じにならないですね…。もうちょっとアピール力のあるデザインにならないものか…。

 

 830日から特別警報が始まりますが、それまでの間にも特別警報に相当する災害が起こるかもしれません。危険だと思ったら迷わず避難するように心がけて下さい。

 

                         サポネ防災士 阪口 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月15日 (月)

「ゲリラ豪雨対策」

この季節になると夕立が多くなります。ここ数年の夕立は激しいものが多くゲリラ豪雨(集中豪雨)になるものが多いように思います。先日もゲリラ豪雨に遭い大変な目にあいました…。

 

 ゲリラ豪雨によって起こる災害も近年では増えてきています。関西圏では和歌山での大規模な土砂災害や兵庫県佐用町の土砂災害などまだ記憶に新しいのではないでしょうか。

 土砂災害以外にも河川の増水による被害や、よくニュースなどで見かけるのは畑または田んぼの様子を見に行って用水路に落ちてしまい流されてしまうなどです。

 

 ゲリラ豪雨は予測することが困難ですが、予報メールなどを使って有る程度は予測する事ができるようです。降りそうな時は携帯電話やスマートフォンの天気予報などアプリなどを活用して雨雲を確認しておきましょう。防災気象情報の確認をするのもいいかもしれませんね。雨具を常時持ち歩くのも対策に一つになるかもしれませんね。

 

 豪雨による水害の中には事前に対策ができるものもあります。家の周りの排水溝をきれいにしておき、水が溢れにくくするのも一つの対策です。ハザードマップの確認と、避難所までの経路をしっかり確認しておくのもおすすめします。濁流で冠水した道路を通って避難する時に、ふたの外れたマンホールや側溝などに落ちるケースが多いようです。そうならないためにも経路確認をしておきましょう。

 

                       防災士 阪口

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »